スポークサプライヤー用ステンレス鋼線

サイズ: 直径 0.2mm~5.5mm、5.5mm~12mm

標準: GB1220、ASTM A 484/484M、EN 10060/DIN 1013 ASTM A276、EN 10278、DIN 671

メイン グレード: 201、304、316、316L、310s、409、430

フィニッシュ: ブラック、NO.1、ミル仕上げ、コールドドロー

スポーク用ステンレス鋼線の商品説明

華暁ステンレス鋼線メーカー

ステンレス鋼線 for Spokes は、スポークスタイルのバイクやオートバイの性能と信頼性に大きな影響を与える重要なコンポーネントの最前線に立っています。特に、サビや破損など、使用中によく遭遇する問題は、美観と乗り心地や安全性の基本的な側面の両方に悪影響を及ぼします。

スポークの材料の選択は、スポークの全体的なパフォーマンスを決定する上で極めて重要な役割を果たします。 ここ数十年にわたり、スポークは従来の炭素鋼からステンレス鋼の使用に徐々に移行してきました。 この変化は、ステンレス鋼製品が環境の持続可能性、機械的堅牢性、耐食性、製造プロセスに固有の視覚的魅力などのさまざまな側面で提供する明らかな利点によるものです。

現在、国内外の多数のメーカーが、スポーク専用のステンレス鋼の製造に挑戦しています。これらのバリエーションには、次のような広く知られているステンレス鋼グレードが含まれます。 SUS304、lCrl8Ni9Ti、lCrl8Ni9Mo、12Crl8Ni9、06Crl8Mn3Ni8Nなど。しかし、優れた性能特性を約束するステンレス鋼材料の追求は、依然として業界内で進行中の研究と革新の焦点となっています。

スポーク用ステンレス鋼線の固有の強度は、単なる構造上の完全性を超えています。 耐腐食性、強化された機械的強度、洗練された美学により、スポークの寿命が延びるだけでなく、ライディング体験も向上します。 この革新は持続可能な素材への移行を示し、自転車やオートバイのさまざまな用途において耐久性があり、見た目にも美しいスポークの選択肢を確保します。

業界がスポーク材料の進歩を求め続ける中、スポーク用ステンレススチールワイヤーは継続的な進歩の証として登場し、パフォーマンス、耐久性、美観の向上を約束し、自転車の卓越性の新時代を先導します。

スポーク用ステンレス鋼線仕様

華暁ステンレス鋼線メーカー

ステンレススポークの生産範囲

サイズ: 直径 0.2mm~5.5mm、5.5mm~12mm

標準: GB1220、ASTM A 484/484M、EN 10060/DIN 1013 ASTM A276、EN 10278、DIN 671

メイン グレード: 201、304、316、316L、310s、409、430

フィニッシュ: ブラック、NO.1、ミル仕上げ、コールドドロー

ステンレススポークの機械的性質

201

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

260

515

40

95

217

JIS

275

520

40

241

100

253

GB

205

515

30

- 

99

- 

202

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

260

620

40

241

JIS

275

520

40

95

207

218

GB

304

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

205

515

40

92

201

JIS

205

520

40

187

90

200

GB

205

515

40

92

201

210

316L

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

170

485

40

95

217

JIS

175

480

40

187

90

 

200

GB

170

485

40

95

217

220

409

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

JIS

175

360

22

162

80

175

GB

310s

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

205

515

40

95

217

JIS

205

520

40

187

90

200

GB

205

515

40

95

217

220

410S

YS/Mpa ≥

TS/Mpa ≥

EL/% ≥

HB≦

心拍数 ≤

HBW ≤

HV≦

ASTM

205

415

22

89

183

JIS

205

410

20

88

183

200

GB

205

415

20

89

183

200

スポーク用ステンレス鋼線の特長

華暁ステンレス鋼線メーカー

「Innocent Bright Surface」という用語は、ステンレス鋼ワイヤーの純粋で汚れのない外観をカプセル化しています。 この表面特性は、不純物、汚染物質、表面の凹凸の除去を優先する細心の注意を払った製造プロセスによって実現されます。

表面の輝きは、精密洗浄、研磨、表面処理などの複数の製造段階を経た結果です。 これらのプロセスは、残留物、スケール、変色を除去し、見た目に完璧な表面を確保することを目的としています。

顕微鏡レベルでは、ステンレス鋼ワイヤーの表面は滑らかで反射性のある仕上げになっています。 表面に欠陥や凹凸がないため、無垢で傷のない外観が得られます。 滑らかな表面により腐食や応力集中が起こりやすい領域が最小限に抑えられるため、この特性は見た目の美しさだけでなく機能面でも重要です。

無垢な明るい表面は光を均一に反射し、視覚的な魅力を高め、ワイヤー全体の魅力に貢献します。 この完璧な表面仕上げはワイヤーの品質の指標として機能し、製造プロセスにおける細部への細心の注意と品質管理を示しています。

さらに、この表面特性は、自転車やオートバイのスポークなど、清潔さと見た目の魅力が最優先される用途にとって非常に重要です。 無垢な明るい表面は美観を高めるだけでなく、潜在的な腐食や環境劣化に対する保護バリアとしても機能し、屋外環境でのワイヤーの耐久性と寿命を保証します。

要約すると、スポーク用ステンレス鋼ワイヤーの無垢な明るい表面は、清潔さ、滑らかさ、均一な反射率を優先する包括的な製造プロセスの結果です。 この汚れのない表面は、ワイヤーの視覚的な魅力を高めるだけでなく、要求の厳しい環境におけるワイヤーの品質と回復力の証拠としても機能します。

安定した機械的特性は、ワイヤー固有の組成と製造プロセスの精度の結果です。 スポーク用のステンレス鋼ワイヤーは、一貫した機械的特性を維持するように慎重に設計されており、さまざまな応力条件下での動作の予測可能性と信頼性を確保しています。

本質的に、このワイヤの機械的特性の安定性は、引張強さ、降伏強さ、伸び、弾力性などの重要な側面の経時変化や偏差が最小限であることを意味します。 この均一性は、厳格な品質管理措置と、特定の合金組成と加工技術の遵守によって実現されます。

ワイヤーの機械的特性は、製造中に細心の注意を払って制御される微細構造によって直接影響されます。 ステンレス鋼ワイヤー内の結晶構造と原子の配置は、その機械的挙動を決定する上で極めて重要な役割を果たします。 制御された焼きなましと加工方法により、ワイヤは均一な微細構造を実現し、長さと断面全体にわたって一貫した機械的特性が確保されます。

機械的特性の安定性は、さまざまな荷重、応力、環境条件下で予測可能な動作と性能を保証するため、自転車やオートバイで使用されるスポークにとって非常に重要です。 これにより、要求の厳しい用途においても、ワイヤーが構造上の完全性を維持し、意図したとおりに機能することが保証されます。

さらに、この安定性により、エンジニア、設計者、メーカーはさまざまなシナリオでのワイヤーの動作を正確に予測できるようになり、さまざまな自転車コンポーネントの正確な設計検討と計算が可能になり、安全性、信頼性、最適なパフォーマンスが確保されます。

要約すると、スポーク用ステンレス鋼線の安定した機械的特性は、その組成、加工、および微細構造特性の正確な制御によってもたらされます。 この一貫性により、ワイヤーの性能の信頼性、予測可能性、弾力性が保証され、バイクやオートバイのスポークの厳しい要件を満たします。

耐疲労性能とは、構造破壊に屈することなく、繰り返し荷重、反復応力、変形に耐えるワイヤーの能力を指します。 走行中に繰り返しストレスがかかる自転車やオートバイのスポークでは、この特性が最も重要です。

ワイヤーの優れた耐疲労性能は、その固有の材料特性と特殊な製造プロセスの結果です。 耐久性と弾力性で知られるステンレス鋼は、耐疲労性を高めるために細心の注意を払って加工されています。 制御された合金組成、熱処理、および表面仕上げを通じて、ワイヤは疲労による損傷に耐えるように設計されています。

顕微鏡レベルでは、ワイヤの微細構造が極めて重要な役割を果たします。 きめが細かく均質な構造により、応力がより均一に分散され、疲労亀裂の原因となる応力集中が最小限に抑えられます。 精密な製造技術によって実現されたこの堅牢な微細構造は、繰り返しの負荷に対してワイヤーを強化します。

さらに、ワイヤーの耐疲労性は、実際のサイクリング条件をシミュレートした厳格な試験方法を通じて評価されます。 これらのテストには、構造の完全性を損なうことなく、繰り返しの応力サイクルに耐えられるワイヤの能力を確認するための、周期荷重評価、曲げ疲労試験、および応力耐久性評価が含まれます。

スポーク用ステンレス鋼線の優れた耐疲労性能は、耐用年数を延ばすだけでなく、長期間の使用における安全性と信頼性を確保します。 周期的な荷重による故障のリスクを最小限に抑え、ライダーにバイクコンポーネントの耐久性への自信を与えます。

さらに、自転車やオートバイのスポークなど、信頼性と安全性が最優先される要求の厳しい用途では、この特性により耐用年数が延長され、繰り返しの応力条件下でも性能が維持されるため、ステンレス鋼ワイヤーが際立っています。

本質的に、スポーク用ステンレス鋼ワイヤーの優れた耐疲労性能は、設計された材料特性、微細構造の完全性、および厳格なテストの結果であり、自転車やオートバイの用途におけるスポークの機能に不可欠な、周期的な荷重シナリオでの耐久性と信頼性を保証します。 。

ステンレス鋼ワイヤーの優れた防錆性は、その固有の組成 (主にクロム含有量) と表面の保護酸化層の形成によって生じます。 ステンレス鋼の必須合金元素であるクロムは、酸素と反応して、不動態層として知られる薄くて安定した酸化クロム層をワイヤの表面に形成します。

この不動態層は保護バリアとして機能し、水分や酸素などの腐食性物質が下にある金属にアクセスするのをブロックすることで、さらなる酸化や腐食を防ぎます。 この酸化クロム層の安定性と完全性は、ワイヤの錆や腐食に対する耐性に大きく貢献します。

さらに、特定のステンレス鋼グレードにはニッケルやモリブデンなどの追加の合金元素が存在するため、ワイヤの耐食性が向上します。 これらの合金元素は、保護酸化層の形成と安定性を促進し、湿気、塩分、汚染物質への曝露などの腐食環境に対するワイヤの耐性を強化します。

ワイヤの錆に対する耐性は、湿気、湿気、腐食性要素にさらされることが一般的な現実の状況をシミュレートした、業界標準の腐食テストを通じて厳密に評価されています。 これらのテストでは、腐食環境に長期間さらされた後でも、ワイヤーが構造的完全性と外観を維持できる能力を確認します。

スポーク用ステンレス鋼線の優れた防錆性は、さまざまな気象条件や環境要素にさらされることが避けられない自転車やオートバイなどの屋外用途にとって非常に重要です。 この抵抗によりワイヤの耐久性が確保され、腐食による表面劣化、孔食、構造の弱体化が防止されます。

要約すると、スポーク用ステンレス鋼ワイヤーの優れた防錆性は、その合金組成、特に保護酸化層を形成するクロム含有量の結果です。 この保護層はワイヤを腐食から保護し、さまざまな環境条件下での耐久性と信頼性を確保し、自転車やオートバイのコンポーネントの屋外用途に理想的な選択肢となります。

スポーク用ステンレス鋼線の適用

華暁ステンレス鋼線メーカー
スポーク用ステンレスワイヤー ハイエンド自転車

高級自転車

ステンレス鋼のスポークはホイール アセンブリの統合コンポーネントであり、構造的なサポートと安定性を提供します。 その強度と品質は、ホイール全体の堅牢性にとって非常に重要です。 高性能自転車の場合、ステンレス鋼スポークは最適化された強度対重量比を提供し、軽量設計と強化された性能要件に応えます。

ステンレススポーク

オートバイ

ステンレススチールのスポークは、オートバイのホイールの安定性と構造的完全性を維持する上で重要な役割を果たします。 これは、オートバイが厳しい走行条件や多様な地形を横断する場合に特に重要です。

スポーク用ステンレス鋼線 傘フレーム

傘フレーム

傘のフレームの構造にはステンレス鋼のスポークが採用されており、構造的なサポートと弾力性を提供します。 耐久性と耐腐食性により、さまざまな気象条件に耐えるのに適しており、傘の構造の安定性と寿命が保証されます。

よくある質問

華暁ステンレス鋼線メーカー

自転車のスポークに最適な材料を選択するには、さまざまな要素を考慮する必要がありますが、多くの説得力のある理由から、ステンレス鋼が好ましい選択肢として浮上しています。

自転車スポーク用ステンレス鋼:

  1. 素材の耐久性: ステンレススチールは、その固有の耐久性と弾力性により、自転車のスポークとして理想的な選択肢として際立っています。 素材の堅牢性により、スポークは自転車走行中に遭遇する繰り返しの応力や耐荷重要件に耐えることができます。

  2. 耐腐食性: ステンレス鋼は耐腐食性と錆びに対する優れた耐性を備えているため、屋外用途に特に適しています。 ステンレス鋼のスポークは腐食のリスクを軽減し、さまざまな気象条件や環境要素にさらされた場合でも構造の完全性を維持します。

  3. 機械的強度: ステンレススチールスポークの機械的強度は、サイクリング中に受ける力に耐えるために最も重要です。 スポーク用に特別に設計されたステンレススチールワイヤーは、高い引張強度と十分な柔軟性を備えており、パフォーマンスを損なうことなく、過酷なサイクリングに耐えることができます。

  4. 製造精度: ステンレス鋼ワイヤーのメーカーは、特定の強度と耐久性の要件を満たすように設計されたスポークの製造を専門としています。 彼らの専門知識により、パフォーマンスと信頼性の業界標準に準拠した、一貫した品質のスポークの製造が保証されます。

  5. 重量対強度比: ステンレススチールのスポークは、バイクのパフォーマンスを向上させるために重要な強度と重量のバランスをとっています。 ホイールアセンブリの総重量を抑えながら十分な強度を提供し、バイクの操縦性と機敏性に貢献します。

  6. 長寿: ステンレススチールのスポークは、自転車用途向けに特別に設計されており、優れた寿命を示します。 長期間にわたり構造上の完全性を維持するため、頻繁な交換やメンテナンスの必要性が軽減されます。

本質的に、ステンレス鋼は、その卓越した耐久性、耐食性、機械的強度、そしてステンレス鋼線メーカーによる製造の専門知識により、自転車のスポークに最適な素材として浮上しています。 耐久性と信頼性を確保しながら、サイクリングの厳しい条件に耐えるその能力により、自転車のスポーク構造の最適な選択肢としての地位が確固たるものとなります。

ステンレス鋼スポークを錆から保護するには、耐食性を維持するためのいくつかの対策を講じることが必要です。

  1. 定期的な清掃: メンテナンスルーチンを開始するには、中性洗剤と水溶液を使用してステンレススチールのスポークを洗浄します。 局所的な腐食につながる可能性のあるウォータースポットや残留物の蓄積を防ぐために、徹底的なすすぎと乾燥を確実に行ってください。

  2. 刺激の強い化学物質を避けてください: ステンレススチールスポークの不動態層を損傷し、腐食しやすくする可能性がある研磨剤や酸性クリーナーの使用は控えてください。 ステンレス鋼用に承認された優しいクリーナーを選択してください。

  3. 保護コーティング: ステンレス鋼スポーク用に設計された保護コーティングまたは処理を適用することを検討してください。 一部のメーカーは、錆や環境要素に対する素材本来の耐性を強化し、素材の寿命を延ばす特殊なコーティングを提供しています。

  4. 定期検査: スポークに損傷、傷、保護面が損なわれる可能性のある領域がないか定期的に検査してください。 腐食の拡大を防ぐために、問題があればすぐに対処してください。

  5. 適切な保管: 使用しないときは、自転車やホイールアセンブリを乾燥した保護された環境に保管してください。 ステンレススチールスポークの錆の発生を促進する可能性があるため、湿気に長時間さらさないでください。

  6. 潤滑剤を使用する: ステンレス鋼スポーク用に設計された特定の潤滑剤または保護剤の薄い層を塗布します。 これらの製品は湿気や汚染物質に対するバリアとして機能し、スポークを錆の形成から守ります。

  7. 専門家による相談: ステンレス鋼スポークを専門とするステンレス鋼線のメーカーまたはサプライヤーに指導を求めてください。 ステンレス鋼のスポークを錆から保護し、その寿命を維持するために特別に調整された推奨事項、処理方法、または製品を提供する場合があります。

定期的なメンテナンスでこれらの予防措置を実施することで、ステンレススチールスポークの寿命を延ばし、耐食性を確保し、錆から守り、構造の完全性を維持します。

ステンレス鋼のスポークは、主に鉄、クロム、ニッケル、その他の元素の合金で構成される組成により、通常、弱い磁気特性を示します。

ステンレススチールスポークの磁性:

  1. 弱い磁気応答: ステンレス鋼のスポークは一般に、特に通常の炭素鋼のような強磁性材料と比較して弱い磁気特性を示します。 ステンレス鋼合金にクロムとニッケルを添加すると、全体の透磁率が低下します。

  2. オーステナイト系ステンレス鋼: 多くのステンレス鋼線メーカーは、非磁性または非常に低い磁性を示すオーステナイト系ステンレス鋼をスポークに使用しています。 このタイプのステンレス鋼は、ニッケルとクロム含有量が高く、焼きなまし状態では非磁性になる傾向があります。

  3. 処理の効果: ステンレス鋼スポークの磁気特性は、特定の合金組成、熱処理、製造プロセスによって異なります。 冷間加工やスポーク製作時の変形により若干の磁気を発生する場合がございます。

  4. 磁石を使用した検出: ステンレス鋼のスポークは一般に弱い磁気特性を示しますが、ある程度は磁石を引き寄せる可能性があります。 ただし、この磁性は強磁性材料で観察される磁性よりも著しく弱いため、目立たず、簡単に区別できます。

要約すると、ステンレス鋼のスポークはその組成により弱い磁性を持っていることが多いですが、磁性の程度は使用される特定の合金、製造プロセス、および処理によって異なります。 スポーク用のステンレス鋼ワイヤ、特にオーステナイト系のワイヤは、磁気応答が最小限であることが一般に認識されています。

ステンレス鋼のスポークは、使用される特定のグレード、直径、製造プロセスに応じて、一般に従来の鋼製スポークと強度が同等です。

スチールと比較したステンレススチールスポークの強度:

  1. 材料特性: スポーク用のステンレス鋼線と従来の鋼スポークは、その組成に基づいて異なる材料特性を持っています。 ステンレス鋼はクロム、ニッケルなどを含む合金で、耐食性に優れています。 従来のスチールスポークは通常、強度は高いものの耐食性に欠ける炭素鋼で作られています。

  2. 強度対重量比: ステンレススチールスポークとスチールスポークは、多くの場合、同様の強度対重量比を持っています。 ステンレス鋼は一部の高級炭素鋼に比べて引張強度がわずかに低い場合がありますが、スポーク用途での実用的な目的ではその差は無視できることがほとんどです。

  3. 製造プロセス: ステンレス鋼ワイヤーのメーカーは、強度と耐久性に合わせたスポークを作成するために特別なプロセスを採用しています。 同様の製造技術が従来のスチールスポークにも使用されています。 スポークの強度は、熱処理、絞り加工、合金組成の調整などの要因に影響されます。

  4. 耐食性と強度: ステンレススポークは耐食性に優れ、湿気や錆びやすい環境に最適です。 従来のスチールスポークは、わずかに高い引張強度を示す可能性がありますが、ステンレススチールが提供する耐食性には欠けています。

  5. アプリケーションの適合性: ステンレススチールと従来のスチールスポークはどちらも、自転車ホイールの用途に必要な強度要件を満たしています。 この XNUMX つのどちらを選択するかは、多くの場合、耐食性、重量の考慮事項、および環境要因に関連する好みによって決まります。

本質的には、特定のグレードや合金には若干の違いがあるかもしれませんが、ステンレス鋼と従来の鋼製スポークはどちらも一般に、自転車ホイールの用途に適した同等の強度を備えています。 両者のどちらを選択するかを決定するには、多くの場合、さまざまな環境条件における耐食性や全体的な耐久性など、純粋な強度を超えた要素を考慮する必要があります。

最近のステンレス鋼線製品

華暁ステンレス鋼線メーカー

連絡する

プロジェクトをレベルアップする準備はできていますか? 当社のステンレス鋼コレクションに飛び込んで、今すぐ仕様を提出してください。

電話/WhatsApp/WeChat:

+86 13052085117

Email: [メール保護]

住所: RM557、NO.1388 Jiangyue Road、Shanghai China