ステンレス鋼の融点は何度ですか?

-華暁ステンレスメーカー

ステンレス鋼の融点とは何ですか? 合金としてのステンレス鋼は、特定の温度で単一の金属が溶ける現象とは異なります。代わりに、ステンレス鋼の溶解プロセスは特定の温度範囲内で発生します。この範囲は、その化学組成、特に合金添加物の影響に依存します。これらの添加物はステンレス鋼に役割を果たし、その融点範囲を相対的に低下させます。

純鉄、クロム、ニッケルの融点は次のとおりです。 1535°C, 1890°C, 1453°C 304 ステンレス鋼の融点は の間で変動します。 1400-1450°C。この温度範囲の存在は、ステンレス鋼の性能をより深く理解し、応用するための重要な手がかりを提供します。ステンレス鋼の融点特性を理解することで、さまざまな温度環境におけるステンレス鋼の性能をより適切に把握でき、実用化への指針が得られます。

さまざまなグレードのステンレス鋼合金の融点

ステンレス鋼を溶かすのに必要な熱量は、ステンレス鋼合金のグレードによって異なります。 304、316、317 などのオーステナイト系ステンレス鋼から、430 や 434 などのフェライト系ステンレス鋼、410 や 420 などのマルテンサイト系ステンレス鋼まで、無数の異なるステンレス鋼配合があります。さらに、多くのステンレス鋼には低炭素バージョンがあります。ステンレス鋼の融点について包括的な説明を提供しようとする際の課題は、これらすべての合金の温度許容差と融点が異なるという事実にあります。

ステンレス鋼の融点

-華暁ステンレスメーカー

さまざまなグレードのステンレス鋼合金の融点は次のとおりです。

  • ステンレス鋼-304の融点: 1400-1450°C (2552-2642°F)
  • ステンレス鋼-316の融点: 1375-1400°C (2507-2552°F)
  • ステンレス鋼-430の融点: 1425-1510°C (2597-2750°F)
  • ステンレス鋼-434の融点: 1426-1510°C (2600-2750°F)
  • ステンレス鋼-420の融点: 1450-1510°C (2642-2750°F)
  • ステンレス鋼-410の融点: 1480-1530°C (2696-2786°F)

これらの融点はそれぞれ、絶対値ではなく範囲として示されていることに気づいたかもしれません。これは、特定のステンレス鋼合金内であっても、配合にわずかな違いがあり、融点に影響を与える可能性があるためです。

ステンレス鋼に対する高温の影響

高温環境では、鋼を含む多くの材料の引張強さが大幅に低下する傾向があります。ステンレス鋼は融点に近づくと剛性が著しく低下し、加熱プロセス中に曲がりやすくなります。

ステンレス鋼合金を例として、その合金が 100°C (870°F) で 1679% の構造的完全性を維持できると仮定します。ただし、温度が 1000°C (1832°F) に上昇すると、引張強さは 50% 減少します。これは、この合金で作られたバスケットが元々最大荷重 100 ポンドに耐えることができたとしても、高温にさらされると耐荷重能力が半分になり、50 ポンドの重量しか支えられなくなることを意味します。さらに重要なことは、温度が上昇すると、バスケットは荷重により曲げ変形しやすくなります。

さらに、高温はステンレス鋼の保護酸化層に影響を与え、防錆性を損ない、将来の腐食のリスクを高める可能性があります。場合によっては、極端な温度によって金属表面にスケールが発生する可能性があり、これはコンポーネントの取り扱い性能に影響を与えるだけでなく、カスタマイズされたワイヤの性能にも悪影響を与える可能性があります。

さらに、高温によりカスタマイズされたスチールワイヤーバスケット内の金属が熱膨張し、溶接接合部の緩みを引き起こす可能性があります。

なぜ知っておくことが重要なのか?

---ステンレス鋼に対する高温の影響

高温環境では、鋼を含む多くの材料の引張強さが大幅に低下する傾向があります。ステンレス鋼は融点に近づくと剛性が著しく低下し、加熱プロセス中に曲がりやすくなります。

ステンレス鋼合金を例として、その合金が 100°C (870°F) で 1679% の構造的完全性を維持できると仮定します。ただし、温度が 1000°C (1832°F) に上昇すると、引張強さは 50% 減少します。これは、この合金で作られたバスケットが元々最大荷重 100 ポンドに耐えることができたとしても、高温にさらされると耐荷重能力が半分になり、50 ポンドの重量しか支えられなくなることを意味します。さらに重要なことは、温度が上昇すると、バスケットは荷重により曲げ変形しやすくなります。

さらに、高温はステンレス鋼の保護酸化層に影響を与え、防錆性を損ない、将来の腐食のリスクを高める可能性があります。場合によっては、極端な温度によって金属表面にスケールが発生する可能性があり、これはコンポーネントの取り扱い性能に影響を与えるだけでなく、カスタマイズされたワイヤの性能にも悪影響を与える可能性があります。

さらに、高温によりカスタマイズされたスチールワイヤーバスケット内の金属が熱膨張し、溶接接合部の緩みを引き起こす可能性があります。

ステンレス鋼のグレードによる融点の違い

ステンレス鋼は 150 つのファミリーに分類され、15 を超える異なるグレードを網羅していますが、頻繁に使用されるのは約 XNUMX 種類だけです。

最も一般的に使用されるグレードは 304 および 316 ステンレス鋼どちらもオーステナイト系ステンレス鋼に属します。この系列は生産されるステンレス鋼の約 3 分の 2 を占め、極低温から融点まで安定した面心立方結晶構造が特徴です。

ステンレス鋼の融点はグレードによって大きく異なります。例えば、グレード 316ステンレス鋼 融点が 1375°C、グレード 430ステンレス鋼 最高1510°Cに達する。広く使用されている304グレードの融点範囲は 1400°Cおよび1450°C.

金属融点 (摂氏)融点 (華氏)
アルミニウム6591218
真鍮(85Cu15Zn)900-9401652-1724
ブロンズ (90 Cu 10 Sn)850-10001562-1832
鋳鉄12602300
10831981
ゴールド (24K)10631946
15302786
Lead327621
ニッケル14522646
パラジウム15552831
Platinum17703220
レッドブラス990 – 10251810-1880
シルバー(純正)9611762
シルバー(スターリング)8931640
ステンレス鋼13632550
スチール - 高炭素13532500
スチール – 中炭素14272600
スチール - 低炭素14642700
232450
チタン17953263
黄銅905 – 9321660-1710
亜鉛419786

-華暁ステンレスメーカー

結論

技術の継続的な進歩と産業の急速な発展に伴い、高温環境での用途がますます一般的になってきています。したがって、ステンレス鋼の融点を完全に理解し、適用することが特に重要です。ステンレス鋼の融点を理解することは、さまざまな高温用途に適切な材料を選択するのに役立つだけでなく、設計と製造プロセスを最適化し、高温環境における機器や構造の長期的な安定性と安全性を確保することも可能になります。

Huaxiao Metal は、お客様のさまざまな用途のニーズを満たすために、さまざまなグレードと形状の多様なステンレス鋼製品を提供することに尽力しています。製品の詳細について知りたい場合、特別な仕様をカスタマイズしたい場合、または協力の機会について話し合ってみたい場合など、いつでもお問い合わせをお待ちしております。