リベット用ステンレス鋼線

リベットサプライヤー用ステンレス鋼線

サイズ: 直径 0.2mm~5.5mm、5.5mm~12mm

ASTM A 581/A 581Mb ASTM A 581/A 581Mb

メイン グレード: 303、304F、303CU、316F、

フィニッシュ: ブラック、NO.1、ミル仕上げ、コールドドロー

ステンレスリベットの商品説明

華暁ステンレス鋼メーカー

高品質の 201、304、または ステンレスワイヤー 316本、過酷な用途に対して優れた耐久性を示します。これらのリベットは、リベットハンマーまたはガンを使用して事前に開けられた穴を通してコンポーネントをシームレスに接合し、永久的な結合を保証する多用途の取り付けを提供します。丸頭、平頭、皿頭、トラス頭、なべ頭などのさまざまな頭スタイルを備えたステンレス鋼リベットは、プロジェクトのさまざまな要件に対応します。堅牢な構成で、 18-8ステンレス鋼 または 316 ステンレス鋼を使用しているため、構造、航空宇宙、軍事、その他さまざまな用途において時代を超えた選択肢となっています。 Huaxiao の専門知識を信頼してください。 ステンレス鋼線の製造 信頼性が高く耐久性のあるリベット締めソリューションを実現します。

ステンレスリベットの生産範囲

華暁ステンレス鋼メーカー

標準: GB1220、ASTM A484/484M、EN 10060/DIN 1013 ASTM A276、EN 10278、DIN 671

メイン グレード: 201、304、316、316L、310s、430

フィニッシュ: ブラック、NO.1、ミル仕上げ、コールドドロー

サイズ

直径

レンジ

0.2mm-5.5mm、5.5mm-12mm

ステンレスリベットの特徴

華暁ステンレス鋼メーカー

高品質の基材の選択は、ステンレス鋼リベットの最適な性能を確保する上で重要な要素です。 基材の材料を慎重に選択することで、メーカーはコスト効率の高い製造プロセスを維持しながら、リベットの成形性を向上させます。 この細心の注意を払って基材を選択することにより、さまざまな用途におけるステンレス鋼リベットの全体的な強度と信頼性が向上し、さまざまな業界で材料を接合するための好ましい選択肢となっています。

ステンレス鋼の耐食性は、金属表面に酸化クロムの不動態層が形成されることに起因します。 この層は保護バリアとして機能し、周囲環境への金属の露出をブロックすることで腐食や錆を防ぎます。 クロムを豊富に含む酸化層は損傷すると自己修復し、腐食に対する持続的な保護を保証するため、ステンレス鋼はさまざまな条件下で耐久性が必要な用途に最適です。

201 ステンレス鋼はリベットに経済的な選択肢ですが、マンガン含有量が高く、錆びやすいのが特徴です。 ただし、ニッケル含有量が少ないため、他のステンレス鋼グレードに比べて耐食性が低下します。 201 ステンレス鋼は錆びやすい傾向にありますが、費用対効果が高いため、予算を考慮することが重要な役割を果たすさまざまな用途に適した選択肢となっています。

304 ステンレス鋼は、その卓越した特性で知られる輸入ステンレス鋼グレードで広く使用されています。 クロムの含有量が多く、耐熱性に優れ、表面にクロムを多く含む酸化皮膜を形成するため、錆びに強くなります。 マットな表面仕上げにより、腐食に対して優れた耐久性を発揮します。 さらに、ニッケル含有量が増加することで耐食性がさらに向上し、腐食環境での信頼性と耐劣化性が要求されるさまざまな用途に最適です。

316 ステンレス鋼は、モリブデンの添加が特徴で、特に塩化物レベルが高い攻撃的な環境において、優れた耐腐食性を示します。 この介在物により孔食や隙間腐食に対する耐性が強化され、厳しい条件下でも優れた耐久性を発揮します。 高い耐熱性と堅牢な耐食性で知られる 316 ステンレス鋼は、201 および 304 グレードに比べて比較的高価ではあるものの、その信頼性の点で際立っており、極度の耐食性が必要な用途に適しています。

ステンレス鋼リベットの適用

華暁ステンレス鋼メーカー
ステンレス製リベット

ステンレス鋼リベットは、航空、航空宇宙、船舶、冷蔵コンテナ、高級建築構造物などのさまざまな業界で極めて重要な役割を果たしています。ステンレス鋼リベットの選択は、意図された使用環境に大きく依存します。ドライコンディションの場合、 201ステンレス鋼 経済的な利点とまともなパフォーマンスにより、十分かもしれません。ただし、湿気の多い環境や腐食性の環境では、304 ステンレス鋼の優れた耐食性により、より良い選択肢となります。耐腐食性や高温に対する優れた耐性が要求される環境では、316 ステンレス鋼が推奨されます。さまざまな用途で最適な性能と寿命を確保するには、ステンレス鋼リベットの特性を特定の環境条件に注意深く適合させることが重要です。

よくある質問

華暁ステンレス鋼メーカー

ステンレス鋼リベットは、さまざまなグレードのステンレス鋼から作られた留め具で、木材からさまざまな金属に至るまで、さまざまな素材をしっかりと接合するように設計されています。 これらのリベットはステンレス鋼線メーカーによって設計されており、堅牢で耐久性のある接続を提供し、さまざまな用途で優れた耐食性と信頼性を提供します。

ステンレス鋼は通常、鉄、クロム、ニッケル、および場合によっては他の元素で構成されています。 ステンレス鋼の磁気特性は、その組成と微細構造によって異なります。 304 や 316 などの最も一般的に使用されるステンレス鋼グレードは、焼きなまし (軟化) 状態では非磁性であると考えられています。

ステンレス鋼リベット、特に 304 や 316 などのグレードで作られたリベットの非磁性は、その結晶構造によるものです。 これらの合金は、焼きなまし状態で非磁性のオーステナイト構造を示します。 オーステナイト系ステンレス鋼は、材料を高温に加熱し、その後急冷することによって形成され、磁石を引き付けない微細構造を作り出します。

ただし、特定のステンレス鋼合金は、成形、曲げ、機械加工などの冷間加工プロセスを受けると、多少磁性を示す可能性があることに注意することが重要です。 冷間加工により微細構造が変化し、一部のステンレス鋼合金に磁性を有するマルテンサイトまたはフェライト構造が発生する可能性があります。

リベットに使用されるステンレス鋼ワイヤーを含むステンレス鋼ワイヤーのメーカーは、多くの場合、そのグレードと加工に基づいて材料の磁性または非磁性を指定します。 特定の用途に非磁性特性が必要な場合は、304 や 316 などの非磁性​​グレードで作られたステンレス鋼リベットを選択するのが適切です。 逆に、磁気特性が許容できる用途の場合は、他のグレードまたは加工されたステンレス鋼リベットが選択される場合があります。

ステンレス鋼リベットの磁気特性に関する正確な情報を得るには、ステンレス鋼ワイヤーの製造業者に相談し、意図された用途の特定の要件を確実に満たすことをお勧めします。

ステンレス鋼のリベットは、ステンレス鋼の固有の特性により、優れた強度を備えています。 ただし、ステンレス鋼の強度はグレードや組成によって異なります。 ステンレス鋼はその堅牢性と耐久性で知られていますが、ステンレス鋼リベットの実際の強度は、使用される特定の合金、熱処理、用途の状況などの要因によって異なります。 ステンレス鋼線メーカーは、これらのリベットの強度と性能を強化するために適切な合金と処理を選択することに特化しており、さまざまな締結用途における信頼性を確保しています。

ステンレス鋼リベットは、その優れた耐食性、耐久性、信頼性により、多くの業界や用途で幅広く使用されています。 これらは、航空宇宙、航空、造船、建設、自動車、製造などの業界で顕著に利用されています。 ステンレス鋼線メーカーは、これらの業界の厳しい要求を満たすように調整されたこれらのリベットの製造を専門とし、高湿度条件、腐食環境、構造用途などのさまざまな環境での適合性を保証します。 材料の選択と製造技術における彼らの専門知識により、さまざまで困難な状況でもリベットの弾力性と性能が保証されます。

ステンレス鋼のリベットは、ステンレス鋼の固有の特性により、耐食性、特に錆びに対して非常に耐性があります。 ステンレス鋼中にクロムが存在すると、その表面に不動態層として知られる酸化クロムの保護層が形成されます。 この層はバリアとして機能し、湿気、湿気、さまざまな温度などの屋外要素にさらされた場合でも、下にある金属を腐食から守ります。

ステンレス鋼のリベットは錆びに強いですが、環境要因や特定の用途がその性能に影響を与える可能性があります。 ステンレス鋼ワイヤのメーカーは、304 ステンレス鋼や 316 ステンレス鋼など、屋外用途に適したさまざまな程度の耐食性を備えたさまざまなグレードを提供しています。 メーカーにコンサルティングを行うことで、屋外での使用に最適なステンレス鋼グレードを確実に選択し、防錆性を最適化し、リベットの長期耐久性を確保できます。

リベットに「最適な」ステンレス鋼を決定することは、耐食性、強度、環境条件などの要素を考慮した特定の用途要件に大きく依存します。 リベットに使用される一般的なステンレス鋼グレードは次のとおりです。

  1. 304ステンレススチール: バランスの取れた特性により、多くのアプリケーションの標準的な選択肢と考えられます。 耐食性が良く、溶接性にも優れ、様々な環境に適応します。

  2. 316ステンレススチール: モリブデン含有量が高いため、特に過酷な環境や海洋環境において優れた耐食性を発揮します。 海洋産業や化学産業など、優れた耐腐食性が必要な用途に適しています。

  3. 302ステンレススチール: その強度と耐久性で知られており、より高い強度と適度な耐食性が要求される用途に使用されます。

  4. 18-8ステンレス鋼:耐食性と機械的性質に優れ、様々な産業に適した汎用ステンレス鋼です。

リベットに最適なステンレス鋼を選択するには、湿気、化学物質、高温への曝露などの特定の環境条件を考慮する必要があります。 ステンレス鋼線メーカーは、対象用途の要件に基づいて最適なステンレス鋼グレードの選択を支援し、リベットの最適な性能と耐久性を確保します。

アルミニウムとステンレス鋼のリベットを比較すると、主な違いは材料の組成と特性にあります。

  1. 材料組成:

    • アルミリベット: アルミニウム合金を使用しており、軽量で耐食性に優れています。 重量が重要な要素となる用途に非常に適しています。
    • ステンレス鋼リベット: 優れた耐食性、耐久性、強度で知られるさまざまなグレードのステンレス鋼で作られています。 ステンレス鋼リベットは、堅牢で耐腐食性の留め具が要求される用途に最適です。
  2. 強度と耐久性:

    • アルミリベット: 一般に、ステンレス鋼のリベットに比べて引張強度が低いため、軽量用途に適していますが、ステンレス鋼ほど堅牢ではない場合があります。
    • ステンレス鋼リベット:アルミリベットに比べて高い引張強度と優れた耐久性を示し、強度と耐食性が要求される重負荷用途に適しています。
  3. 耐食性:

    • アルミリベット:特に表面に形成される自然酸化層により、優れた耐食性を発揮します。
    • ステンレス鋼リベット: 優れた耐食性で知られており、錆び、酸化、環境劣化に対して非常に耐性があります。
  4. アプリケーション:

    • アルミリベット: 航空機、自動車、海洋産業など、重量が重要となる用途でよく使用されます。
    • ステンレス鋼リベット:その耐久性、耐食性、強度により建設、航空宇宙、製造業など様々な業界で幅広く利用されています。

ステンレス鋼線メーカーは、特定の産業用途に合わせた高品質のステンレス鋼リベットの製造を専門とし、信頼性が高く堅牢な締結ソリューションを保証します。

最近のステンレス鋼線製品

華暁ステンレス鋼メーカー

連絡する

プロジェクトをレベルアップする準備はできていますか? 当社のステンレス鋼コレクションに飛び込んで、今すぐ仕様を提出してください。

電話/WhatsApp/WeChat:

+86 13052085117

Email: [メール保護]

住所: RM557、NO.1388 Jiangyue Road、Shanghai China