430 VS 304 ステンレス鋼の違いは何ですか?

430対304ステンレス鋼

ステンレス製品は、調理器具から建物の外壁装飾、さらには自動車や医療機器の製造に至るまで、私たちの日常生活のいたるところにあります。これらの製品は、この堅牢で耐食性の高い材料を利用しています。ただし、ステンレス鋼は単一の種類ではありません。その中でも、430 VS 304 ステンレス鋼の 430 つの一般的なタイプです。それぞれに独自の特性と用途があり、どちらを選択するかは特定の使用要件や条件によって決まります。では、304 ステンレス鋼と XNUMX ステンレス鋼の違いは何でしょうか?それぞれの長所と短所は何ですか?このトピックをさらに掘り下げてみましょう。

化学組成の 430 VS 304

430 VS 304 ステンレス鋼の違いを理解する鍵は、化学組成と密度にあります。これらの要因は、その独自の特性と用途を形成する上で重要な役割を果たします。 

素子304ステンレススチール430ステンレススチール
炭素(C)≤ 0.12%≤ 0.12%
シリコン(Si)≤ 0.75%≤ 1.00%
マンガン(Mn)≤ 1.00%≤ 1.00%
リン(P)≤ 0.040%≤ 0.040%
硫黄(S)≤ 0.030%≤ 0.030%
ニッケル(Ni)8の% - 10%≤ 0.60%
クロム(Cr)18の% - 20%17の% - 19%

430 VS 304 ステンレス鋼の化学組成の主な違いは、ニッケル (Ni) とクロム (Cr) の含有量に反映されます。

ニッケル(Ni)含有量:

  • 304 ステンレス鋼には 8% ~ 10% のニッケルが含まれており、ニッケルは優れた耐食性、特に耐酸化性を実現する重要な成分の XNUMX つです。
  • 対照的に、430 ステンレス鋼のニッケル含有量は非常に低く、通常は 0.60% を超えないため、高い耐食性が必要な特定の用途では、304 ステンレス鋼よりも耐食性が劣る可能性があります。

クロム(Cr)含有量:

  • 304 ステンレス鋼には 18% ~ 20% のクロムが含まれており、これも耐食性、特に防錆性の点で寄与する重要な要素です。
  • 430 ステンレス鋼のクロム含有量は 17% ~ 19% の範囲で、304 と大きな違いはありませんが、ニッケル含有量の違いにより耐食性のレベルが異なります。

ニッケルとクロムに加えて、炭素、シリコン、マンガン、リン、硫黄などの他の元素も、2 つのステンレス鋼間で含有量にわずかな違いがありますが、ステンレス鋼の性能に与える影響は比較的軽微です。

物理特性における 430 VS 304

物理的特性430ステンレススチール304ステンレススチール
密度(g /cm³)7.707.93
融点(°C)1425-15101400-1450
熱膨張係数 (10^-6/℃)10.3-10.4約16.0
線膨張係数 (10^-6/℃)10.4
熱伝導率(W/(m・K))23.9約16.2
電気抵抗率(μΩ・m)約0.73
硬度(HBW)183-217

表から、430 ステンレス鋼は 304 ステンレス鋼に比べて密度と熱伝導率が若干低く、熱膨張係数と線膨張係数が比較的高いことがわかります。これらの物理的特性の違いにより、各タイプのステンレス鋼が異なる用途で利点を発揮します。たとえば、430 ステンレス鋼は熱膨張係数が高いため、より大きな熱膨張を必要とする用途に適している可能性があります。一方、優れた熱伝導性能が必要な場合には、熱伝導率が高い 304 ステンレス鋼の方が優れています。

機械的特性の 430 VS 304

機械的性質430ステンレススチール304ステンレススチール
引張強さ(MPa)450-600515-1035
降伏強さ(MPa)220-275205-520
伸び(%)20-2535上記
硬度(HBW)183-217131-185 (焼き鈍し)
靭性 素晴らしい
被削性特に深絞りや曲げ加工が苦手切断、曲げ、成形が容易で良好
溶接性溶接部は良好な機械的特性を持っています優れた溶接性

これらの機械的特性値は、材料の特定の条件、製造プロセス、および試験条件によって異なる場合があることに注意してください。したがって、選択したステンレス鋼の機械的特性を正確に理解するには、サプライヤーから提供される特定の材料データシートを参照するか、実際の試験を実施することをお勧めします。

表から、304 ステンレス鋼は引張強さ、降伏強度、靭性の点で一般に 430 ステンレス鋼を上回り、高荷重や靭性が必要な用途により適していることがわかります。さらに、304 ステンレス鋼は機械加工性と溶接性が優れているため、切断、曲げ、成形、溶接作業が容易になります。対照的に、430 ステンレス鋼の機械的特性は比較的低く、加工、特に深絞り加工や曲げ加工がより困難になります。ただし、430 ステンレス鋼はその磁気特性と優れた耐熱性により、自動車のトリムや炉の部品などの特定の用途では依然として利点を持っています。

まとめ

比較分析を通じて、化学組成、物理的特性、機械的特性の点で 430 VS 304 ステンレス鋼間の大きな違いを簡単に観察できます。 430 ステンレス鋼は、その高い硬度と良好な耐熱性により、自動車のトリムや炉の部品などの特定の用途において利点を持っています。一方、304ステンレス鋼は、その優れた耐食性、良好な機械加工性、溶接性により、工業、家具装飾、食品、医療業界などのさまざまな分野で広く使用されています。したがって、ステンレス鋼材料を選択するときは、特定の用途シナリオ、性能要件、コストを考慮して決定する必要があります。

Huaxiao Metal はプロの金属材料サプライヤーとして、高品質の 430 および 304 ステンレス鋼製品を顧客に提供することに尽力しています。豊富な生産経験と厳格な品質管理システムにより、供給されるステンレス鋼材料が業界基準と顧客の要件を満たしていることを保証します。調達ニーズがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。高品質の製品と専門的なサービスを誠心誠意ご提供いたします。

あなたは興味があるかもしれません

華暁ステンレス工場

連絡する

プロジェクトをレベルアップする準備はできていますか? 当社のステンレス鋼コレクションに飛び込んで、今すぐ仕様を提出してください。

電話/WhatsApp/WeChat:

+86 13052085117

Email: [メール保護]

住所: RM557、NO.1388 Jiangyue Road、Shanghai China